kyoko

金襴緞子

呼吸するように作り出す和井内京子の世界

和井内京子というクリエイターは、金糸銀糸を縦横の糸にして織り上げられた金襴緞子のような人だ。 ロンドン在住の日本人。彼女の生み出す作品には、いくつかの系統というか「顔」がある。

ある時の「顔」は、ゴージャスとシックの隙間にキッチュさも顔を出しているような、ウルトラ・デコラティブなインテリア・オブジェや小さなバッグたちだ。この系統の顧客は、お堅いイギリスのお金持ちではなく、「美」への情熱と投資をためらわない、ミラノの富裕層マダムだ(それを見越した和井内がミラノをプレゼンテーションの場にしているからだけれど)。

それこそ、故郷の日本で探し出した金襴緞子や着物地の端切れを使い、滑らかなベルベッドやサテンのリボンと組み合わせて、デコラティブなオブジェを手作業で作り出す。ヨーロッパの目には日本的なものと映っているのだろう。しかし、中心軸がはっきりした、「飛び出すほどの装飾性」は、日本人がもちあわせている装飾性とは異なるもののような気がする。

バロックであるとか、そういう壮麗な美は憧れたりするけれど、なかなか日本人には取り込めないところがあるもの。なんだろう……と思っていたのだが、彼女のルーツを数世代遡るとロシア人のご先祖がいるのだそうで、そこでなんとなく腑に落ちた。小さい頃から、地元のロシア正教の教会の礼拝にあたっていた彼女は、装飾がたくさんついた礼服を着た聖職者が振り香炉を振ってはじめる儀式の思い出を、「あんなセクシーな男性の服装はない」と話す。

もうひとつの「顔」は、絶妙なバランス感覚で、さまざまな素材をオーサリングして生み出す、ファッション小物(ときに服そのもの)、そして大きめなバック類。シンプルさとぬくもり感、愛らしさと清潔さ、オーソドックスさと時代の空気、奇跡的なほど「すべて丁度よく」まとめ上げたこれらの作品からは、和井内のもつ「編集能力」の高さを感じさせられる。とにかく集めてくる材料が素敵。プリント地、リボンなど、魅力的な「物」をどこからともなく発掘してくる力はもちろんだが、「物」だけでなく「人」も「会社」も発掘する。テキスタイルデザイナーのナイジェル・アトキンソン、ロンドンの高級インテリアファブリック・メーカーのベニソン社、バスケット・クラフトのフェリシティ・アイアンズなど、確かな技術力とクリエイティビティ、独自性をもち、かつ薄っぺらなマスマーケットとは距離を置く人たちを見つけ手を組み、それぞれが単独では作れないものを、コラボレーションによって生み出していく。

物であれ、人であれ、見つけた素材を最終的にどうまとめあげるのか、は一番重要な部分だが、彼女の「まとめ」は豪快だ、というより「あえてそっけなく、組み合わせている」という表現のほうが良いかもしれない。良い食材を入手したら、ゴタゴタ手をかけず、さっと切って、素材そのものの美味しさを全面に出す、日本料理人の仕事みたいだ。でも、素材の味をきわだだせる、適切な包丁入れや、薬味を添える心遣いは忘れない、そんな感じ。その引き方の良さ、みたいなものは、デコラティブなものをつくりだす部分とは対照的な感性で、そのふたつをひとつのカラダに共存させているところが和井内の不思議なところだ。ここら辺は、社会に出た直後のデザイナーとして経験のなかで、身につけたことだと思うけれど。

日本のクリエイティブシーンが彼女は過剰に流通するマネーを背景に、さまざまな実験・遊び・猛烈な勢いの仕事を、若手に許していた時代、彼女は社会人デビューした幸運な世代だ。デザイナーとしての仕事はもちろん、音楽、演劇、ファッション、さまざまなシーンで活躍する友人たちと交流しながら、濃密なキャリアを積んだ後、彼女は日本を飛び出した。彼女がベースとしたロンドン。その良さは、どんなヨーロッパの都市も1時間と少しで行けるし、たくさんと物と情報が集まってくること。いや、外に出ずしても、イギリスは伝統的な手工芸であるとか非効率的な古い工業の良さを大切にするところがあって、イングランドの地方や、スコットランドあたりまで足を伸ばすだけでも、魅力的な素材やそのつくり手に出会える。そして、ロンドンには、ヨーロッパはじめ世界中から、自国の型にはまることができなかった、面白いクリエイター達が流れてきて生息している。その連中と、ロンドン市内を、ヨーロッパ内を行き来しながら、ものづくりをしていく。

彼女の住むロンドンのブリクストン(アフリカ系移民が住む街として有名)の空気、素朴なイギリスの繊維や工芸の味わい、表情豊かなヨーロッパの街や郊外の空気、そこで生み出される素材、人……彼女の20年間にはさまざまなものが蓄積されている。そんな蓄積が横糸となり、もともとの出自であったり、デザイナーとしての基礎が縦糸となり、そのきらびやかな緞子はいまも、少しずつ織り続けられている。

長谷川直子 
編集者・ita&co代表

The World of Kyoko Wainai
The Breath of Creation


Kyoko Wainai, a creator, could be described as an intricately woven tapestry of fine gold and silver threads. A Native of Japan, she now lives and works from London, where she has continued developing a number of characteristics that define her working style. The first of these is a somewhat gregariously decorative one expressed through overtly luxurious, kitchy interior objects and evening bags. Her clients are not the conservative affluent of high English society rather they are the wealthy Milanese Madams with an eye for beautiful things. It is clear that lots of energy and investment goes into each and every part of her work. She indulges in the use of Kimono fabric adorning it with beautiful rich brocades and tasty velvet with silk satin ribbon, combining these textures to create gorgeous handmade decorative pieces. At first they appear to be in the traditional Japanese sense, objects of beauty but upon closer inspection I can see that not only has she captured a certain Japanese sensitivity, but a foreign splendor too. I have come to the conclusion that perhaps it is Kyoko's roots, which go back to the Russian missionaries who arrived in Japan three generations before, that have brought about this syncretism. She has been attending the Russian Orthodox choir from an early age where she tells me her fascination with the costume of the priest, a nostalgic relic of childhood fantasy, has never ceased.

Another characteristic that defines Kyoko's work is found in the making of simple day-today-clothing and bags, which maintain a delicate balance in their carefully selected materials. Simplicity and warmth, sweet and clean cut, orthadox and fashion. Her work is always made up in equal measure, attesting to her expert editing technique. She really has an eye for sumptuous fabrics, printed textiles and ribbons. Of course she can easily get hold of beautiful materials directly from the shops but instead Kyoko relies on the makers themselves to acquire her goods. Textile designer Nigel Atkinson and luxurious interior fabric maker Benison Fabrics, Ceramic designer Magda Weldon, these are some of the people she has chosen for their high sense of creativity, craft and originality. These are people who keep their distance from the mass market and it is this that Kyoko is drawn to, making the process a collaborative one. Skillfully combining the artist with the product is an important aspect of her work, but what is more so is the way in which she combines the expressions of the product through dynamic assemblage. Just as within a traditional Japanese kitchen simplicity and accuracy count the most, her scissors follow the artistry of the chef's knife and her eyes his nose. So with these two defining characteristics we find contrast and wholeness all rolled into one. These have become her trademark that perhaps link back with her past when, as a designer and not maker, she was working in large design companies.

When she lived in Japan it was described as the Golden Age era for the designing scene. With lots of investment being placed in new projects and experimentation, this was a time when the design world was running at full steam, on a big scale. As a designer in Japan she spent a lot of time mixing with creative crowds; with musicians, actors, people from the world of theatre and fashion, with whom she met on a regular basis before leaving for London. London, a conveniently located European city, has for many years been known for its inspirational hot hub of creative activity. And not only London, England and Scotland have a globally recognised tradition of handy craft with many long-standing traditional manufacturers unchanged since the industrial boom. In London creators have flocked from all over the world. Unable to truly express their work in their own countries, many have chosen London to find freedom in the creative expressions. So it is here, in London, that Kyoko chose to form new partnerships and creative dialogues.

Brixton, "little Jamaica", is where she currently lives and creates. With raw materials and a super sharp eye she continues to make her tasteful craft, weaving together the silver warp of her 20 years experience with the golden weft of her designing skill.

Naoko Hasegawa
Editor/ita&co director